紫外線対策、種類について

夏になるととても季節的に暑いですしなんといっても日焼けや紫外線に当たりやすい時期になります。紫外線とは太陽から放出される太陽光線の成分の一つになります。肉眼では見ることができない光になります。紫外線は目に見える光線より波長が短くまたX線より長い電磁波になります。

 

紫外線は熱的に作用なことを及ぼすことが多いので化学線とも呼ばれたりします。

「1.紫外線対策について」

紫外線は太陽が強く当たりやすい夏の季節にだけ対策をしていると方も多いと思いますがこれが実は間違いで紫外線の対策は一年中しないといけないのです。紫外線は夏だけでなく年間を通して降り注いでいるからになります。紫外線の量が多い季節は5月が一番多いのです。

 

紫外線対策で一番大事なのが日焼け止めを塗ることです。外に出る前に一度だけ塗るのではなく数回塗り直しをすることが必要になります。理由は汗などで日焼け止めが落ちてくるからです。通常の日焼け止めであれば、2回から3回は塗り直しをするようにしましょう。

 

次に美白の化粧品を使うことでも紫外線の対策になります。美白化粧品を使うことによって日焼けによるシミやそばかすを防ぎ肌を整えることができるからです。そして外出をするときはなるべく日傘をさして出かけて紫外線から身を守ることが大切になります。

 

紫外線は毎日浴びることにより蓄積していきます。慢性の日焼けはなかなか気がつかないこともあるようです。蓄積してしまうと美容に大きな影響を与えてしまうのです。紫外線を浴び続けることによって老化の原因にもなってしまったりもするのです。シミや、しわ、などの沈着も増加していきます。もっと進んでいくと皮膚ガンなどにもかかる可能性もあるので紫外線対策は必ずするようにしましょう。

「2.紫外線の種類について」

あまり知られていないかとは思いますが紫外線には種類があります。長波長紫外線はもっとも波長が長いので表皮の最下倉層の基底層から真波まで達していて、メラノサイトの活性化をさせます。表皮の色を黒くする日焼けの原因になります。

 

中波長紫外線は一部は真波に達しますがほとんどは、表皮にとどまります。海水浴にいって顔や肩や背中などが焼けて軽いやけどを起こしたりするのはUV-Bによる作用からになります。短波長紫外線は波長が短いためオゾン層を通過する過程で散乱あるいは吸収され通常では地上に届きません。紫外線は波長が短いほど有害作用が強い性質がありUV-Cは細胞組織そのものを損傷してしまうのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です