日焼け止めについて

日焼けとは市外線を皮膚に浴びることにより皮膚が赤く炎症をおこすことにより、メラニン色素が皮膚の表面に沈着することをいいます。日焼けは通常は日光を過剰に浴びすぎたことで発生して紫外線がメラニンの保護能力を越えているときに起きるのです。

 

個人差はありますが元から黒い人は多くのメラニンを持っているため日焼けしにくいのです。日焼けには2種類あります。サンバーンは、強い紫外線に浴びたすぐに赤く炎症を起こしている状態で、サンタンは、紫外線を浴びた数日後にまたは、数量の紫外線を浴びた直後に、色素沈着して小麦色に落ち着いた状態のことをいいます。

「1.日焼け止めの塗り方と量について」

紫外線対策の試験で使われている基準の量は1㎡あたり2mgのようです。日焼け止めクリームに表示されているspfや、PAなどはこの量を使わないと効果がないのです。だいたい顔に塗る日焼け止めの適切な量としては800mgになります。

 

日焼け止めはいくら適切な量を守りながら塗ったとしても適当に塗っていては全く意味がありません。適当に塗って場所にまばらがあったりしては効果も薄れてきてしまうのです。日焼け止めを塗る際には化粧水、日焼け止め、化粧下地、ファンデーションの順番に塗るのが理想です。日焼け止めの前に保湿をして浸透力を高めます。

「2.飲む日焼け止めについて」

最近は美容のクリニックや皮膚科などの医療機関で取り扱われている飲む日焼け止めサプリメントして注目を集めているのがヘリオケアというサプリメントがあります。以前は日焼け止めといったら身体に塗る日焼け止めでしたが、塗る日焼け止めになりますと、汗や水で落ちてしまい1日に何回か塗り直しが必要ですし人によっては、敏感肌やアレルギー体質で、アトピー肌の人は日焼け止めクリームを塗れないという方がいます。

 

そうい方がたのために研究が進められていき、飲む日焼け止めサプリが開発されたのです。飲む日焼け止めサプリメントは、美肌のために紫外線対策をしている人、外回りの仕事や屋外で仕事をされている方、日焼け止めクリームで肌が荒れてしまう方、外に出てスポーツをするなどあらゆう場面で使われて活躍しているのです。ヘリオケアは紫外線を防ぐだけではなく、美肌効果などもあるようです。肌のシミやしわなどの老化も防いでくれる美肌サプリメントになります。ヘリオケアは、子どもなどが飲んでも副作用などがでたという報告はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です